トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
今日のアニメ:2008-2009冬の新アニメ
2009-01-15 Thu 15:44
わたしのみなをのTov MADに謎のポエムコメントが書き込まれているのが気になる今日この頃ですが、
冬の新番組の感想ですよ。
大体1~3話くらいまでみています。

■アキカン!
ラノベ原作。原作未読。

たまにこういうなんていうのか、誰にとってもうれしくない男の裸がどっさり?
笑い成分として出てくる作品ってありますよね(笑
グリーングリーンとか、いぬかみっ!とか?
きっとなんかそういうターゲット層があるのでしょう。

最近の福山潤は黒執事のグレルしかり、キャラの固定化を軽々と脱却するような役が多いですね。
しかも楽しそうに。

この主役の(エロ)オヤジッぷりは鬼気迫るものが。
そこ以外に見るべきところがないのがなんとも辛いところですが
どーしたもんかな(笑

2話のおまけにしては長いおまけ部分の方が本編より面白いってのは我が家内のウワサで耳にしました。

■WHITE ALBUM
PCゲーム原作。原作プレイ済み(全キャラ攻略)。

あ、あれ・・・?
由綺・・・??
由綺の性格がわるそうに・・・?

主人公の性格もさることながら、ほぼ全員の性格設定が悪化しているように感じますよ。
もっとこう、みんながみんな大なり小なり繊細系・神経の細っこさで
気を使いすぎててすれ違い?あらあらっていうような
人物造形だったとおもうんですけど、こちらのアニメのは神経太すぎです。
線が細いのに電波じゃないっていう持ち味がよかったのに。

春原(違)とか、先輩までなんであんなに・・・。

昭和ドラマ(しかも昼ごろの)を感じさせたいOPとかモロモロとか、意図は伝わってくるんですけど、
あまり成功しているようには感じられず。

白いアルバムを真っ黒にそめあげるドロドロ恋愛ドラマ!って感じですな。

■まりあ†ほりっく
月刊コミックアライブ連載中の漫画原作。原作未読。

最近古い流行歌をアニメの主題歌にリバイバルするの良く見ますね。
これのEDは『君に、胸キュン。』だし。

男に触られるだけで蕁麻疹がでるというガチレズヒロインが
両親のなれそめとなったミッション系女子高(両親は教師と教え子のノーマルカップル)に
自分もあやかろうと編入。

その初日に出会った学園の有名人、理事の孫娘は実は男だった。
互いに人には言えない秘密を共有しあい、寮まで同室となって監視されながらの学園スタート。
果たしてどうなってしまうのか!

といった出だし。
絶望先生やぱにぽにのシャフトの今期のアニメ。

■みなみけ おかえり
週刊ヤングマガジン連載中の漫画原作の第3期。原作未読。
評判がガタ落ちした2期と同じ制作会社だが、監督・シリーズ構成が変更になっている模様。

絵はまだ1期より落ちるけど、2期よりはまし?かな?
でも話は1期のテンポを取り戻しつつあるかんじで◎。

今後もだらっと見ていくかんじ。

■続 夏目友人帳
LaLa・LaLa DX連載中の漫画原作の第2期。原作未読。

前回安定だった夏目の2期。
今期も安定そう。ただ、前期より腐女子向け傾向が強まっている感じがする。
前期はもう少し蟲師みたいな雰囲気あったと思うんだけど。

EDの『愛してる』/高鈴が良い感じです('v')

■宇宙をかける少女
サンライズ原作のオリジナルアニメ。
舞乙HIMEとかのサンライズオリジナル宇宙少女バトルもの(?)

キャラデザが新田真子に見える。

つかみはまあ、普通。
福山潤がここでもハジケ系キャラで楽しそう(笑
ハードボイルド風の大豆型ロボットの口調がサンレッドのホストNo.1犬を彷彿とさせて
なんか笑えてしまう。

とりあえず継続です。

■VIPER'S CREED
近未来傭兵もの。

うーん。オペレーターは名前を叫んでばっかりでうるさいし、
主人公もなんか、イマドキこれでハードボイルドかなあ、という感じがするのだけれど・・・。
色々と、ちょっとがんばってはいるけど惜しい感じがしますよ。

もうちょっと様子見です。

■明日のよいち!
月刊少年チャンピオン連載中の漫画原作。原作未読。

イメージ的にはバンブーブレードとか。

うーん、たぶん、切りそう。

■ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~
ネットゲーム原作。原作未プレイ。

OPは相変わらず現実世界Ver.(笑
OPだけで笑えたんですが。

尽くした女に捨てられてヤサぐれひきこもってしまった主人公をケアしつつ、
新キャラ投入後、そのまま1期の続きなので引き続き見て行きたいと思いますょ。
クーパーめはまだでてこないのかナー。

鎧の中の人がイケメンだった件。

■黒神 The Animation
ヤングガンガン連載中の漫画原作。原作未読。

世の中には3人のソックリさんがいて・・・という
ドッペルゲンガー伝説はホントにあった!
というような話を見た目シャナ的なキャラでやるぽいです。

3人のドッペルゲンガーは本流と亜流があり、
出会うと亜流は死に、本流に運命が合流するとか
そんなかんじでした。

とりあえずもうちょいみますけど、
どことなくビミョウ感もあったりします。
ラーメンたかるところとかグイーンとヒロインに対する好感度がさがってみたり(笑
たべてもたべてもなくならないし!!(笑

■獣の奏者エリン
小説原作。原作未読。

精霊の守人と同じ原作者の小説「獣の奏者」をアニメ化。
精霊とおなじProduction I.G.が製作しているはずなんですけど、
前回の緻密な描写とは異なり、絵のクオリティはものすごく落ちてます。

全体的に絵本~童話風にしてあるようで、
棒的ナレーションが入っていたり、残酷な描写は抽象的な絵に差しかわったり。
精霊とイメージを変えてきているのは判るのですが、人物の顔やデッサンまでビミョウな感じなのは
どうにも失敗感が。

ファンタジー世界で、戦争に使用される騎竜の養成をしている村が舞台のようです。
ナウシカ的なノリもあり。

とりあえず継続。

■鋼殻のレギオス
ラノベ原作。原作未読。

とにかく1話に色々詰め込みすぎなんじゃないでしょうか・・・。
大量のキャラも登場人数が多すぎて覚え切れませんし、
世界観にしてももうちょっと緩急付けた方が判りやすくなると思うんですが。

高いところから横一列にならんで見下ろしているボス的キャラたちとか
おもわず笑っちゃうんですが。「我ら七部衆!!」とかそんな感じ。

煩雑だなあ、という印象。

とりあえず継続。

■RIDEBACK
月刊IKKI連載の漫画原作。原作未読。

人型変形バイクもの。

絵が古い感じですが、お話はまだまだこれから。
バレエネタがちょこちょこ入ってて、珍しいですね。

とりあえず継続。

【未視聴】
■鉄腕バーディーDECODE:02
■空を見上げる少女の瞳に映る世界
■源氏物語千年紀 Genji
■ヘタリア

【視聴予定無し】
■屍姫 玄
■マリア様がみてる 第4期
■はじめの一歩
■クプ~!!まめゴマ!
■メジャー(第5シリーズ)
■スレイヤーズ EVOLUTION‐R
■フレッシュプリキュア!
スポンサーサイト
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0
今日のアニメ:2008年冬アニメ最終回感想②
2009-01-14 Wed 13:29
最終回感想続き。
その①はこちら

■テイルズ オブ ジ アビス
継続中。
髪切った瞬間の激変ぶり。
中間が全然ない!(笑
背中のへんな柄にパワァがあるものと推定。

ていうか、8歳児にみんな要求値たかいな~。
それまでの態度が悪かったとはいえ、ナリはでかいけど子供なんだ(ってことがわかったんだ)から
もうちょっと優しくしてあげてもいいんじゃないでしょうカ。

■黒塚 -KUROZUKA-
4話くらいで切りました。
うーむ。どのキャラにも、筋書きにも魅力が感じられなかったです。

■伯爵と妖精
こちらも5話くらい?で切りました。
特別つまらなくもないけど、面白くもない感じ。
アニメがたまりがちなので。

■魍魎の匣
原作は既読なのですが、ポチポチと忘れているところもあったりして。
榎木津がもっと破天荒じゃないかと思うんですが、この頃ってまだそうでもないんだっけ?
やっぱり京極堂が出てきてからグッと面白くなるんですけど、
原作知らない人はそこまで我慢できるのかな?
原作とは多少変わってしまいますが、最初にちょこっと京極堂のすごさみたいなもの、
あるいは悪魔祓い(?)の模様をちらっと出す構成でも良かったのではないかとおもいます。
80点。

■CHAOS;HEAD
原作ゲームの絵が好きじゃないのでプレイはしないと思いますが、
家人は結構興味もってました。
トリックのネタバラシが肝で、それ以外の部分は割りと普通。ていうか結構変。
特に電波歌手キャラがかなりドン引きな電波ぶりなんですが、
話数が少ない分、キャラの掘り下げがそこそこしかできてないので
割を食ってる感がありますね。ぼけなすぅ~★
63点。

■タイタニア
わたしは視聴中断。
家人がみてます。

■のだめカンタービレ 巴里編
のだめは安定。
千秋とのだめの関係がゼロの使い魔くらいのテンポで進展しない(笑
秋に3期も決まっているということで、途中で終わってます。
88点。

■純情ロマンチカ2
もうくっついちゃったカップルのお話なので、
くっついた後のグラグラ中心。
多少テンション下がってる気もするけど、ギャグ小ねたは相変わらず楽しめました。
今回からは鳥海さんも出てるのよねー(声)。
相変わらずこのアニメを見ていると声優の心情がきになる(笑
90点。

わたしの土曜視聴の3連荘は、気づけば全部岸尾だいすけが出ていた不思議その②。

■ONE OUTS(ワンナウツ)
継続中。
安定。野球は細かいルールとかスクイズとかの用語がよくわからないんですけど
わからなくても全然問題ない気がしますょ。
野球漫画じゃない気もする(笑

■鉄のラインバレル
継続中。
今期のダークホース。
最近かなり楽しみな1作!
アホアホ展開になってからのテンションが好きだなあ。(絵は相変わらず酷い時もありますが)
山下君のネタキャラ化はどこまでいっちゃうのか!?

シリアス展開になってきましたけど、もうそろそろ終わりなのかな?
ロボのデザインがかっこいいと思うんですょ。
バーダットとラインバレルが特に。
双子は上位機種が敵として登場しちゃったりして涙目。
それでなくても脇役ロボはたいした活躍ないのにね。

てか、や、矢島ー!?

■神様家族
わたしの土曜視聴の3連荘は、気づけば全部岸尾だいすけが出ていた不思議その③。

再放送を見てたのですが、最初から最後までかなり適当な脚本とお話でした(笑
風が吹いただけで歩道橋から女の子が落下したり(笑

天使と神様候補との関係性も具体的には不明で、
テンコがお世話役という立場をわきまえず片思いの割には結構強気というか、
特に背徳感とかないのでどういう間柄なのかわかりにくかったり。
おかげでちょっと感情移入しにくいです。

途中で気づいたんですが、原作はラノベで、夜桜四重奏と同じ人が絵を描いているんですね。
30点。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0
今日のアニメ:2008年冬アニメ最終回感想
2009-01-06 Tue 15:58
あけましておめでとうございます。
今年も細々と続けてまいります。
よろしくおねがいいたします。

年末年始に怒涛のアニメ最終回&新番組ラッシュでしたね。
以下最終回感想。

■ライブオン カードライバー翔
まだ継続中。
5話くらいからチーム戦になって、グッと面白くなりましたよ!
タテガミウルフがほんと萌え(燃え)なんですけどー。
カケルは相変わらずアホですが、やっとサルサルサとかなんで出す必要があるのかとか
ルールもわかってきて、中々いい塩梅です。

■まかでみ・WAっしょい!
最後まですごい絵のクォリティでしたねー。
最後のシリアス調ドラえもん展開はなくても良いような気もしますが、
まあ、しょうがない。最終回前ということで。
悪魔長と天使長がなにげに好きでしたょ。
75点。

■天体戦士サンレッド
継続中。
ファイアーバード時のレッドがカッコよすぎなんですけど(笑
強すぎだろ。
バイクはどこまで値下がりしちゃうんでしょうかね(笑

■かんなぎ
わたしは大好きでしたよー。
最後のシリアス調は以下略ですけど、まあ、しか(ry

仁のヘタレ声がなんともスバラシイ。
うちでは「意外にマトモで万能な」秋葉が割りと人気でした(?)

連載の方は無期延期とはいえ、継続の意思ありということで
よかったよかった。
83点。

■イナズマイレブン
継続中。
DSソフトを買うとか買わないとか。
安定して面白いですよ。
物理的(ルール的とか)なつっこみどころは多いんですけど、
精神的齟齬がないので面白く見られます。
これが超次元サッカーだ!

■喰霊-零-(GA-REI -zero-)
まー。色々惜しいっていうか。
がんばってはいるんだけど、斬新なのは1話だけ。
どれもどっかで見たネタで目新しさに欠けましたね。
石田彰的キャラはそのまま残りましたし、
終わり方がなんか、東京BABYLONを彷彿とさせましたょ。
42点。

■今日の5の2
EDがころころと懐かしいものに変わりまくりでしたね。
絵は結構ひどいときありましたが、内容は安定でした。
73点。

■スキップ・ビート!
継続中。
安定株です。
テンションも下がることなく、パワーのインフレもほどほどで、
マヤ、恐ろしい子!

■ヴァンパイア騎士 Guilty
えーっと、血縁ED
でもそんなの関係ねー!
70点。

わたしの土曜視聴の3連荘は、気づけば全部岸尾だいすけが出ていた不思議①

■とある魔術の禁書目録
もんにょりするので打ち切りました・・・。

■とらドラ!
継続中。
わたしみのりん派、家人あみちゃん派。
大河お父さん事件は竜児がほとんど何の根拠もなしに
みのりに喧嘩売ってまで擁護するのがサッパリ理解できず、
イライラしっぱなしでした。
みのりは昔からの大河の親友で、どうかんがえても彼女の方が詳しいはずです。
それをまったく理由も尋ねず「自分に父親がいなくて~」という理由だけで
あそこまで強情に押し通すのはなんなんでしょうね?
しかもなし崩し的に仲直りするという・・・(笑

■CLANNAD AFTER STORY
ヤンキー話がすごくどーでもいい。
というか、葬式まで出しているのにライバルチーム(笑)は誰一人、頭領が死んでることに気づかなかったんですかね?
入院先の病院に偵察に行くなりなんなりしないんでしょうか(笑

隠しておいた理由にしても、結局殴りこみに来られているんだから、
隠したままにしておく理由がわかりません。

ていうかヤンキー抗争まったく共感できないので話自体に興味が持てず、
どうでもいい

■ケメコデラックス
続く!って感じで終わってしまったので感想持ちにくいのですが。
結局最後まで主人公の性格がヒドいままでしたね(笑
OPソングが好きでした。
58点。

■機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン
継続中。
イノベーターがぞろぞろ出てきたあたりから
グッとつまらなくなってきましたー!
美少年は多ければ良いというものでもないでしょうに(笑
供給過多な中二性能キャラが全然死なないせいで
話に緊張感がなくなってきましたょ。

量子化とか。

女ができてからのアレルヤの空気ぶりとかも目を見張るものがあります。

■黒執事
継続中。
大人男性のキャラの顔の書き分けがほとんどないような気もしますが
お話自体はほどほどに面白いです。
変な脚本の時と普通の脚本の時があるんですけども。

出番が少ないのに福山潤が怪演で話をさらう様が(笑

■キャシャーン
見ていると家人が居眠りするので一人で見ることにしましたよ。
まとめてみると、話の進まなさにビックリするんですけど、
このまま終わりそうな気もしてきました。

キャシャーンは殺されることに何の意義も唱えていないのに
黒キャシャーン前置き長すぎる(笑
Aパート丸々つかって何故オレ様はお前を殺すのか、その行いのすばらしさを語る語る。
なげー!ユー、早く殺っちゃいなよ!

そのくせ5分で負けるとか(笑

感想予定↓
■テイルズ オブ ジ アビス
■黒塚 -KUROZUKA-
■伯爵と妖精
■魍魎の匣
■CHAOS;HEAD
■タイタニア
■のだめカンタービレ 巴里編
■純情ロマンチカ2
■ONE OUTS(ワンナウツ)
■鉄のラインバレル
■神様家族
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0
今日のアニメ:巌窟王
2008-12-08 Mon 11:47
巌窟王、最後がビミョウに尻つぼみ感があったのですが、すばらしかったです。
DVD BOXがでたんですね。それで再放送してたんだ。

巌窟王DVD-BOX巌窟王DVD-BOX
(2008/12/05)
中田譲治福山潤

商品詳細を見る

原作のモンテクリスト伯と違って、こちらは『復讐される側』の子供たちが主人公なので
ほとんどオリジナルです。未来設定ですし。

EDの疾走感がいいなあ。サントラ買おうかな。
巌窟王 サントラ巌窟王 サントラ
(2005/02/23)
TVサントラジャン・ジャック・バーネル

商品詳細を見る

蟲師も再放送始まるし、うれしいな('v')
記念に以前にも紹介した神MADでも。

本放送も見たんですけど、DVDにしか収録されていない話も放送してくれないかな?

最近の楽しみなアニメは鉄のラインバレルと、かんなぎと、のだめですかね。(サンレッドも?)
あー。そういえばラーゼフォンのTV版もDVDで見始めたのだった。
あれはスバラシイ。
なんとも綾人のキャラデザがツボなんだよなあ。なんでだろう。
山田画伯バンザイ!
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0
今日のアニメ:Vガンダム、攻殻機動隊SAC 2nd GIG
2008-11-26 Wed 10:58
見終わりました。

Vガンは、カテジナさんが普段(クロノクルの前で)はきれいごと、
マリア信仰だの地球クリーン作戦だのに賛同しているようなことを言っているのに
シャクティとウッソの前ではついつい本音がほとばしっちゃうところとか
いつも笑えました。
嫉妬ビィィィーーーーーームッ!!!

クロノクルは悪い人じゃない頑張り屋さんなんだけど、
どうにもこうにも尻の穴のちいささとか、潔癖症なとこが
カテジナと共にダメな方へダメな方へ流れていっちゃいましたね。

ピピニーデンの人質作戦の時に最初は「大人にならねば」という感じで
受け入れてたのに、失敗した途端に手のひら返したように罵るとことか
どんだけ都合のいい脳みそなんだょ!と思いました(笑

なんか、準レギュラーメンバーとか中ボスなのにたいして死に様が描かれない人もいるのに、
1、2話しか出てこないポッと出の敵のカップルが長々と昇天シーンが描かれてたりして、
なんぞこのシーンは、とか思ったりしましたけど。
カップルが成立してるラバーズだけ特別扱いなんですね。

さっぱり会話が成立してないシーン(例:ファラとウッソ)とかいっぱいあるんですけど
そんなところが妙にリアルです。

つか、シャクティはほんとZのカツ並に反省するってコトをしない
ひたすら暴走を繰り返して周りを振り回してましたね。
そのくせそれらの行動が結局一回も役に立たないという・・・。
生まれ持った能力だけで周りからチヤホヤされるところを目の当たりにしたカテジナさんが
イライラするわけですよ(笑
彼女は一応努力の人だと思うし。周囲(社会)に対する文句しかいいませんけど。

ウッソは最初から最後まで「カサレリアで平和に暮らす」という野望(?)が揺らがないので
1話と最終話だけつなげても違和感ないですね。
「戦争の中で大人になりたくない」というだけあって、成長してないというか、最初から成長してるっていうか。
最初から最後まで「戦いはやっぱ不毛」という信念が強まっただけです。

カテジナが超負け組みで最後終わるとことかも、反戦的。

攻殻2ndは、タチコマな日々がつまんなくなったのが残念(笑
話を振り返ってみても、タチコマばかり思い出すタチコマアニメでしたょ。

最後、クゼがりんご食べてたんで、あれはあっち側へ「先に行くぞ」と
行ってしまったということでよろしいか。
クゼにしてみれば二人でアダムとイヴになれたらよかったんですけどね。
りんごを食べたのは聖書ではイヴの方でしたけども。
バトーが十字架型の鉄骨で二人のいる場所をこじ開けるのが象徴的でした。


アニメ | コメント:0 | トラックバック:0
| 立体鳥類模型店 |
| 立体鳥類模型店 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。