トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
わたしの本棚:世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上)(下) 村上春樹 著
2006-11-30 Thu 11:00
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)
(1988/10)
村上 春樹

商品詳細を見る

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈下〉 (新潮文庫)世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈下〉 (新潮文庫)
(1988/10)
村上 春樹

商品詳細を見る

これまた古いのですが。
版を重ねるごとに何度も何度も装丁が変わり、わたしが持っている文庫版とは現在は変わってます。
わたしのは上巻・下巻がそれぞれ蛍光ピンクと蛍光グリーンで、古い絵画が真ん中にレイアウトしてあるものです。
今の装丁はなんだか同じく村上春樹の「ノルウェイの森」に似ている感じ。

<システム>の<計算士>と<ファクトリー>の<記号士>が対立する近代的情報社会で、
脳に特殊な思考回路を組み込まれた[私]が、回路を開発した老科学者とその孫娘と共に自己の謎に迫る活劇「ハードボイルド・ワンダーランド」。
外界から巨大な壁によって隔絶されひっそりと静まり返った街へたどり着き、
そこで一角獣の頭骨から淡い夢を読む<夢読み>を仕事とされた[僕]の話「世界の終り」。
静と動の二つの世界が交互に織り成す物語はゆるやかに絡み合いながらどこへ向かうのか。


わたしが村上春樹の小説で一番好きな作品。
昨日紹介した「テレヴィジョン・シティ」とこの物語は二つの平行世界の境界が、
主人公によってあいまいに絡み合うという構造、静と動の対比となっている点も似ている。

世界の終り編は「世界の終り」という言葉、そのイメージがとても好きで、その「終わってしまったもの」のイメージが
ひっそりと沈み込んでいくような静かな描写が美しい。
「影」を奪われ(実際に影が自分の過去の象徴・別人格として切り離される)自分が何者であるかを忘れ、
穏やかで枯れた様に図書館で日々夢を読んで暮らす一方、失われた何かを取り戻そうと願う二律背反。
その美しい世界観はアニメ作品灰羽連盟にも受け継がれている。
分量としてはハードボイルド編の方が圧倒的に多く、そちらがいわゆる「現実世界」として進行していくのだが、
合間合間に挿入される静謐な世界が印象に残る。

ハードボイルド編は突然、放っておくと脳の回路の作用によっていずれ"世界が終わる"と告げられた<私>が
不思議な魅力の太った「ピンクの」娘と共に、東京の地下に隠された巨大な地下迷宮「やみくろの巣」に侵入し
自らに課せられた呪縛とその謎を解こうと奮闘する。
軽快なユーモアとブラックジョークはいつもの村上節。

ノーベル賞作家の大江健三郎が「自分が書くとしたら、現実世界とファンタジーをきっちり分けて書く。
双方をファンタジーで書ききるところが村上春樹のすごいところだ」というようなことをどこかで書いていて
確かにそうだな、と思いました。
元々村上春樹の作品では現実と幻想の境がシームレスに交じり合っているものが多く、
村上春樹的にはこれでもきっちり分かれているように錯覚していた(笑)。

村上春樹の入門書としてまずオススメしたい一冊です。
スポンサーサイト
| コメント:0 | トラックバック:0
わたしの本棚:テレヴィジョン・シティ 長野まゆみ著
2006-11-29 Wed 11:06
テレヴィジョン・シティ〈上〉 (河出文庫文芸コレクション)テレヴィジョン・シティ〈上〉 (河出文庫文芸コレクション)
(1996/07)
長野 まゆみ

商品詳細を見る

テレヴィジョン・シティ〈下〉 (河出文庫文芸コレクション)テレヴィジョン・シティ〈下〉 (河出文庫文芸コレクション)
(1996/07)
長野 まゆみ

商品詳細を見る

古いものから新しいものまで、本棚にある本でオススメのものを並べてみたり。

ぼくらはやがて、碧い惑星(あおいほし)をめざす

敬愛なるママ・ダリアへ。
少年アナナスは<環の星(わのほし)>と呼ばれる<<ビルディング>>から
パパとママが住むという碧い星に手紙を送る。
同居人で同じ<<生徒>>である少年イーイーは碧い惑星はないし、パパやママなどいないと冷笑する。
窓のない閉鎖空間である<<ビルディング>>に無数にあるテレヴィジョンは遠い碧い星を映し出す・・・。


間違いなく長野まゆみの最高傑作だと思う。
宮沢賢治を愛する作者の文体は、独特の硬質な繊細さをもっていて美しく、
萩尾望都系の古き良き少女マンガSF作品の匂いがする。
そして河出書房は装丁が美しい。

必要最小限の身の回りのものしか持たない人々が暮らすビルディングに
なぜ大量のダスト・シュートがあるのか?
人々は何を捨てているのか?捨てるものがなくなったら最後に何を捨てるのか?
大勢の人々が暮らすはずのビルディングは"生活の匂い"がまったく感じられない。
テレヴィジョンが絶えず映し出す映像と音声は一致せず、
繰り返し映し出される少年アーチィの夏休みの光景は、蜃気楼のように現実と虚実で揺らいでいる。
不可思議な少年達。味覚のないアナナス。
静かに崩壊する世界。そして、碧い惑星へ・・・。

この人の作品には人の「認識」とは何か?自己と世界の「境界」とは何か?
といったものが間接的に繰り返し描かれ、読んだ後に漠然とした不安感が残ることがある。
一人称で描かれる物語で、その主人公の「認識」が絶対的普遍のものではないとしたら?
さらに登場人物の複数の人間の「認識」が揺らいでいたとしたら?
長野まゆみは作品の中で「誰が正しくて、誰が間違っているのか」の答えを出さない。
それは世界は正しい・正常である、間違っている・異常であるという区分ではくくることなど出来ないからかもしれない。
| コメント:0 | トラックバック:0
今読んでいる本:真相 “切り裂きジャック”は誰なのか?(下) パトリシア・コーンウェル著
2006-11-15 Wed 11:09
真相 (上)―“切り裂きジャック”は誰なのか?真相 (上)―“切り裂きジャック”は誰なのか?
(2005/06/15)
パトリシア・コーンウェル

商品詳細を見る

真相 (下)―“切り裂きジャック”は誰なのか?真相 (下)―“切り裂きジャック”は誰なのか?
(2005/06/15)
パトリシア・コーンウェル

商品詳細を見る

キノの3巻を読み終わったので、下巻に取り掛かる。
積読してあったのだけど、変な読み順になってしまったw

わたしはこの人の検視官シリーズを昔から全部読んでて、
その流れでこれも購入。
ちょっと前に検視官シリーズの最新刊「神の手」上下を読み終わったところ。

ドキュメンタリーで、イギリス・ビクトリア朝時代の殺人鬼「切り裂きジャック」の犯人を
口絵の最初の1ページ目からすでに断定してる。
調査に7億円の私費をかけて、100年前の事件に最先端の現代法科学をもってしてこの最も有名な連続殺人犯を追跡する。

犯人の生い立ちなんかも読み応えがあるのだけど、
それより当時のイギリスの貧民層の生活の悲惨さに驚く。
殺された売春婦たちはほとんどが40過ぎの中年で、
容姿は衰え、家はなく、持てるすべてを身に着けて街をさまよう。
現実から目をそらすために酒におぼれ、酒におぼれるためにまた仕事に向かう。
悪夢の中に生きているような日々。それでも生きる権利がその人たちにはあった。

下巻では被害者とされる5人の女性の残りの3人の事件を丁寧に描き出していく。
帰りの電車やバスでちまちま読んでいくつもり。
| コメント:0 | トラックバック:0
今読んでいる本:キノの旅III The beautiful world 時雨沢恵一著
2006-11-14 Tue 11:12
キノの旅―The beautiful world (電撃文庫 (0461))キノの旅―The beautiful world (電撃文庫 (0461))
(2000/07)
時雨沢 恵一黒星 紅白

商品詳細を見る

キノの旅〈12〉キノの旅〈12〉
(2008/10/10)
時雨沢 恵一

商品詳細を見る

真っ白だった。上も、下も、右も、左も、ただ白かった。

旅人・キノと、相棒の言葉を話すモトラド(二輪車)エルメスが世界を旅し、
さまざまな街を淡々と見つめる短編連作の形で続いていくライトノベル。
キノは大分前に名前だけはしっていたのだけど、読んだことがなかった本。
先日家人がアニメ版のDVD BOXを購入して、わたしもFFしながらみていたら
噂どおりの独特の面白さ。

元々こういう絵柄がすきなので、せっかくだから本を買ってみることに。

んー、アニメのほうがいいかな??
デビュー作ということもあってか、ビミョウに文章が青くて
説教くささがアニメより強く感じられる。
アニメから先に入っているせいかもしれないけれどね。

主人公のキノは、話の途中で「初代キノ」からキノの名前を受け継ぎ、
それと共に初代キノによって組み立てられ、主人公に与えられたモトラドも、
初代キノのモトラドと同じ名前「エルメス」を受け継いだ。という描写が出てくる。
この小説は作者いわく、どこから読んでもOKです。というように
完全な1話完結型の物語になっており、時系列もバラバラ。
描写や持ち物から、それぞれの物語の時系列を推測するなんていうサイトもあるくらいなのだけど、
わたしがちょっと思ったのは、わざわざ二人の「キノ」と「エルメス」がでてくるのは
読者は主人公を「二代目キノ」だと思って読んでいるけども、
もしかすると時々「初代キノ」なのかもしれない。

<12/15追記>
DVDの廉価版が出たみたいですね。
パッケージも変更になってます。最近の絵ぽいから書き下ろしかな?
キノの旅-the Beautiful world-I(廉価版) [DVD]キノの旅-the Beautiful world-I(廉価版) [DVD]
(2005/01/19)
時雨沢恵一中村隆太郎

商品詳細を見る

| コメント:0 | トラックバック:0
| 立体鳥類模型店 |
| 立体鳥類模型店 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。