トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
今日の動画:ペルソナ3MAD その2
2008-03-31 Mon 23:41


そういえばこちらも神動画でした。

Capsuleの歌がよくマッチしてますね('v')

スポンサーサイト
ペルソナ | コメント:0 | トラックバック:0
今日の動画:ペルソナ3MAD
2008-03-29 Sat 13:42


「未来はこの手にあるから」

歌詞とのシンクロが神なので、歌詞にリンク

ニコニコ版には画質等の修正版があるのですが、
アンチコメもすごいですな。本編に対する。

以下またちょっと本編EDに対するネタばれ含みます。



結局のところ、脚本の人がHappy Endで終わらせたつもりでも、
どうしてもそう受け取れない、死は悲劇でしかないという受け取り方の人はいるので
FESのアイギス編でどれだけ補足しようとしても、
生き返らない限りそこには深くて昏い川が流れているわけですよ。

だもんだから、本編で納得してる人には「蛇足」「説明しすぎ」といわれるし
納得できない人には「やっぱ全然だめじゃん!」となるわけで。

わたしはあのEDがものすごくしみじみと来たので、アンチの人が
これだけいるっていうのがほんとに驚きでした。
ついでにいうと、主人公が大晦日の選択でリョージを殺すEDをBADエンドと表現するのも違和感が。
あれはアナザーEDじゃないですかね。
またはやさしさエンド(笑
卒業式の最中のゆかりと順平との会話でもそれが「悪いことではない」「負けではない」という風に説明されています。

アイギスがベルベットルームの最上階(命の意味を知る旅路の終点)へ到達したにもかかわらず
死なないのは、アイギスは生物ではなかったからです。
アイギスは命の意味を知り「生きた」。誕生の瞬間なんじゃないでしょうか。
だからロボットとしての機能が焼ききれていても目を覚まし、
「コレじゃあまるで本当に生きているみたい・・・」と風花が言うのはまさにその通りなのではないかと。

コミュの中で一番ストレートにその主題を扱っているのが
地味で人気のなさそうなコミュですが(笑「余命いくばくも無い青年【太陽】」ですよね。
太陽のタロットの意味は「幸福な状況や希望ある将来」や「安定、明るい未来への可能性」です。
つまり、少し先にある成功/完成への途中です。
彼は近い将来自分が死ぬことに絶望していますが、主人公と会ううちに死を受け入れます。
そして幸福に死んでいきました。
FESではその母親が後日ベンチにおり、主人公に礼をいいます。
「産んでくれてありがとう」「産まれてくれてありがとう」と。
このコミュだけでP3の主題の半分くらいおわっちゃいそうです(笑

ニュクスは「死」そのものなので、リョージの言うとおり、倒せないし、立ち向かって乗り越えるのは生き物である限り不可能です。
ペルソナ2における「ニャルラトホテプ」(人類の意識が底に持つ普遍的・集合的な無意識。そのうちの特に現状に対する憂鬱・不平不満・反抗心)とは
またまったく異なる存在です。
アイギス編のラスボスは「エレボス」(奈落の王)ですけど、ゲーム中の説明を見る限り「ニャルラトホテプ」だとおもいます。
ニャルラトホテプがニュクス(死)を求めて接触しようとするのを防いでいるのが主人公の最後の姿でした。
彼は「犠牲になった」のではなくみんなに「希望を託した」のだと思います。
というか、FESの主人公の行動に対する補足はやってみたあとになっては(笑)ない方がいいと思ったりします。
ただ、残されたみんなが主人公の行動をしって、
本当の意味で命の意味を知るスタートラインに立った(ベルベットルームに入ることができた)という点では良かったですね。

なので、あれは主人公は「死んでない」ともいえると言いたかったんじゃないかと思うんですけどね。
でも否定派が求めているのはそういうのじゃないわけですよね(笑
ペルソナ | コメント:0 | トラックバック:0
今日のゲーム:ペルソナ4
2008-03-28 Fri 12:53
img_1030516_30466984_0.jpg

いまだにペルソナFESやってるわたしですが、
4が夏に発売予定なんですね。
「また後で完全版がでるから躊躇する」と言ってる人もいますが、
完全版と捕らえるか、追加ディスクと捕らえるかで変わりますよね。
値段がおなじならまだしも、オールインワンもそれなりの値段なんで
あまり関係ない気がするんですが。

FESの進捗はといいますと、2周目なので全コミュMAX達成しました('v')
こんなに八方美人だと、主人公はどっちみちお先真っ暗ですネ!
誰から刺されてもおかしくありません^^

前回のラスボスは美鶴・アイギス・ゆかりのハーレムPTだったので
今回はチーム・ウホということでタルンダ先輩、テレッテ、天田で行ってみました。
Lv80未達だったのに、さすがのイージーモード一人も死なずに勝てちゃいましたよ・・・。

風花「えーまじーイージーモードォ!?」
ゆかり「キモーイ」
美鶴「イージーモードが許されるのは小学生までよねー!?」
結子「キャハハハー!!」


いいんです。2周目はいいんです!

ちなみにアイギス編はクリア済みです。
メティス、天田、コロマルとPT組んでると
スパイクの「俺が嫌いなものをしってるか?」*1というのを思い出しますょ。

エリザベス打倒はするかなー・・・。
何十時間プレイしてるのよという気もしますが、
全依頼制覇も全コミュMAXのためにできてないので、
エリザベスとおでかけしまくるためにもう一周やるかな・・・。

*1 「ガキとケダモノと跳ねっ返りの女」
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
今日のゲーム:ペルソナ3 FES
2008-03-18 Tue 12:57
img_1030516_30199953_0.jpg

3の舞台を使っているというペルソナのアニメを見てるんですが、
ペルソナは1が結構好きだったので2を飛ばして買ってみました。

3から絵が金子一馬からアニメのキャラデザの人に変わったんですねー。
女性イラストレーターっぽい中性的な絵柄ですな。
目が離れてて、鼻が薄いのが特徴でしょうか?
すっきりしてて好きです。

買ったあとで、アペンドディスク出てることに気づいたので
途中でアペンド版を購入。
いまだと最初から同梱版というかオールインワンもあるんですのね。

ペルソナのときからそうだったんですが、
高校生の主人公たちが非常に現代的でありながら、
生の、等身大の人間に描かれているところが好感が持てます。

もちろんアイコン的なところも濃厚なんですが、
勇者的な熱意というのでもなく、負の感情もちゃんともっている人間くささがよいです。

特にじゅんぺーとゆかりに集約されてると思うんですが、
生生しすぎていやなものとして映るところもあるんだけども
生きたキャラを書こうとしたらそういうものだよね、と。

じゅんぺーのお調子者なところ、チキンなところ、友達想いなところ、
ゆかりの生真面目なところ、やさしいところ、ヒステリーを反省をするところ
直球と屈折なんかがとてもよくできたバランスだと思います。

基本みんなまじめで、自分の失敗や過ちに対してはうやむやにせず
きっちりオトシマエをつけるところなどは
なんちゃってドラマづくりには抜け落ちやすいところだと思うのですが。
友達は近くなればなるほど、「ごめん、自分が悪かったね」と素直に謝るのは逆に難しくなっちゃいますよね。

じゅんぺーが主人公へ「ちょくちょくつっかかってごめんな。でも今は一番信頼しているんだぜ」という台詞や、
アイギス編でゆかりが「彼と同じ能力に目覚めたのが何故私ではなくてアイギスだったのかって悔しかった。これって嫉妬だよね、ハハ・・・」と謝罪するところなどがたまらなく好きです。
勝ち抜き戦で勝ったアイギスから尚も鍵を奪おうとするゆかりの展開なんて、
ちょっと普通のゲームではありえない描写だと思いますが(笑

舞台装置は派手で大げさなんですけど、人間ドラマは小さな台詞の積み重ねで地に足がついているところがいいのです。

以下は超ネタばれのエンディングについての感想です。



ちょろっとまわってみて、意外に嫌がってる人や怒っている人がいるなあ、と感じました。
確かに主人公が死ぬというEDは衝撃的なものではあると思うのですが
彼は代えがたい満足感の内に、人生のピークで死ぬという、最高の死を迎えるわけで、
それはとても幸せなことだと思うのだけど・・・。

すべての生き物は、「生きるために生きている」わけで、
「何かを成そう」とくっつけるのは人間だけです。
人間は「生きるために生きている」だけじゃダメだというわけです。
「何かを成さねば生きている意味がない」のは人間だけです。
他は強いて言えば「子孫を残すために生きている」でしょうか。

その人間特有の考え方で言えば、何かを成した、しかも
「世界を守る」というこれ以上はないような大事を成し終えた主人公が
死ぬ、命を終えるというのはそれこそ「命の意味」そのものなんじゃないでしょうか?

もっとも、彼は世界を守るとか、地球を守るとかの大それたものではなくて、
絆を結んだ人々の「明日」を守りたいという小さな願いだったと思うのですが。
そういう意味でも「明日」がこなくなるというFESのストーリーは大いに関係があるとおもいます。

主人公は「命の意味」を知り、文字通り人生の幕を閉じる。
でも他のメンバーたちはいまだ意味をしらず、
答えへの路の途にあるわけで、その終わりへ向けた旅路を守った。
主人公のいない明日を受け入れきれなかった残された人々が
自ら扉を開けて出て行き、通り過ぎた過去へ鍵をかける。
という良いラストだったと思います。

主人公編は「命の”死の”意味」、
アイギス編は「命の”生の”意味」をみつめる話だったのではないでしょうか。

恋人の膝枕で死ねない不満はあるけどね!(゜ё゜)
ペルソナ | コメント:0 | トラックバック:0
| 立体鳥類模型店 |
| 立体鳥類模型店 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。