トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
今日Moira: それコラ考察/Sound Horizon
2008-09-17 Wed 12:12
img_1031442_34339070_0.jpg
ライブレポが続々上がっていますね。

色々読んでいて興味深かったのはプロローグ/エピローグに玉座に座っている人物と
冥府の門を開ける人物は公演毎に変わる
ということ。(ついでにロシア人夫婦に死神がついていることも)

或る男の手により冥府の扉が開かれる

「黙したまま…何も語らぬ…神は…生きているのか…死んだのか…」

老婆であるとも・・・少女であるとも
詩人が騙るように神話は物語る

万物の母たる創造主 運命の女神 Moira
未だその姿を見た者はいない……


とあるので、あえて誰が開けたのかをはっきりさせないために
公演毎に解釈の幅を広げているものと思われます。

わたしの見に行った3日目は玉座には銀髪or白髪の男女不明の人形と思われるものが
うつむいた状態で最初も最後も座っており、エレフが扉を開けていました。
他は扉を「オルフ(オルフェウス)と思われる竪琴を背負った人物(詩人?)」、
「黒髪のエレフが開く」バージョン、玉座は「誰もいない」「少女が座っている」バージョンが確認できました。

わたしには人形に見えたのですが、もしかすると死体を意味していたのかもしれません。
あるいは老婆かな?
スポンサーサイト

Sound Horizon | コメント:0 | トラックバック:0
<<今日の台風:ハリケーンIke | 立体鳥類模型店 | 今日のライブ:Moira ~其れでも、お征きなさい仔等よ~ / Sound Horizon>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 立体鳥類模型店 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。