トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
今日のライブ:Moira ~其れでも、お征きなさい仔等よ~ / Sound Horizon
2008-09-16 Tue 12:12
はい、というわけでそれこら(公式略称)日曜3日目に行ってまいりました。レポートのようなものを。

結構ぶっちゃけコメントなんで、「キミを傷つけるもの全てをボクは絶対に許さないよ!」
というような方は読まれない方向でお願いしますよ。いやそこまでぶっちゃけてないス。

一緒に行ったのはリアルでは2、3年ぶりにお会いする
かれこれ10年来の知り合いである一柳さんですよ。

16時開場17時開演だったのですが、物販は13時からやっていたようで
Tanatos Tシャツなんかは売り切れてました。
ちょっとほしかった。王様くんの方は残ってたんですけどね。
プロモメイキングDVDのついたパンフだけ買ってGo。
キングレコードのCD販売ブースは3500円(3200円?)以上買うと
Moiraのポスター(初回版の子供双子の絵柄)プレゼントってやってたんですけど
それって絶対に2枚以上買え、ということなわけで
そんな風に欲をかかないで3000円以上にしておけば
初回版持ってるひとが通常版買ってくれるとおもうんですけどね。
全部通常版なのに2枚もほしいのないよ。
そして今回もChronicle 2ndはなし。

開場が結構遅れてましたけど、入ってみると新しいホールだけあってすごくキレイ。
休日参加者のターコイズの超鰻力Tシャツとか着ている猛者なんかもいましたよ。
ああ、でもドリポの時にはみかけたコスプレの人たちは今回みなかったなあ。

私のチケットは4列目30番だったのですが、30番は事前に調べたところどセンター席
行ってみたら1~3列目というのはなく、つまり最前列・どセンターという
ドリポスペシャルイベントとまったく同じやる気満々席でした。
こんなラッキーなのって死ぬの?私

舞台はRoman形式といいますか、薄い紗のカーテンが引いてあって、
奥に舞台があるというスタイル。
舞台は結構立体的。
実を言うと、最前列はカーテンの文字が近すぎてかなり見上げないと見えにくいですよ。
首がつかれちゃいました(笑

ああいう席でみるのは初めてだったんですが、
出演者が本当に近くて、トーク中などはちょくちょく目が合っているような気がするもんなんですなあ。
こんな時どんな顔していいかわからないの。

今回はMoiraがストーリー形式なので、最初の挨拶や途中のMCも超重力もなしです。
怒涛のように最後まで突き抜けました。

開演前のアナウンスのヒトがカミカミだったのが印象的。
3日目からの試みとして、左右の座席で右をアメティストス軍、左をレオンティウス軍として
鬨(とき)の声を上げるよう指示がありましたよ。
アメティストス軍しか成功してませんでしたけど・・・。
アナウンスの詳細はこちらの方のレポがくわしいかと・・・。

最初に中央玉座に銀髪の誰か(Moira)が座ってるんですけど、
あれはマネキンかな?登場から退場まで微動だにしてませんでしたよ。

歌詞カードにはない詩とか公開されていない絵がカーテンに映るんですけど、
「垂直に落ちればそこは―冥府」とかちょくちょく他の地平線の詩がでてきてます。
ムネキュンさせようたってそうは行かないんだからね!
ショタ冥王さまとか萌え声上がってました。

そんで陛下冥王さま登場です。
最初声にボイスチェンジャーがかかりすぎてて何行ってるのか良く聞き取れません!
と思っていたら、みるみるうちにチェンジャーが薄くなっていって、
最後にはすっかりどっかの王様みたいな声に

髑髏ダンサーズの動きの機敏なことといったら・・・。
でもダンサーズに見入っていると蠢く冥王さまは視界からはずれてしまうという点でも
贅沢な話ですがもうちょっと後ろの席の方が全体が俯瞰できていいかも。
今回緑の女神兼侍女フィー役の内藤さんがお休みなので代役の方が立ってました。
仮面かぶっているのでわかりませんが。

侍女たちとおもわれる二人。でもこれより全然ミニスカだった
img_1031442_34317765_0.jpg

で、ずぼりんすき~ぃ☆登場。
相変わらず板についた初老スタイル(笑
なんか「ずぼりんすき~」のとこは跪いてガッツポーズみたいなキメポーズでしたよ。
取り巻きのKaoriかわいいよ、Kaori。
掘り当てたのはエンタシス式の柱だったので、やっぱり遺跡を掘り起こした模様。

「運命の双子」では双子役としてたぶんPVの子と一緒だと思いますけど
子役登場。
ミーシャの子のおしりが・・・小さくてかわいい。
でもあのポリデュークスはないわー(笑
奴隷より酷い衣装だったよ。
もじゃもじゃ頭のウィッグとヒゲ、赤い布に穴あけて荒縄で縛っただけの腰紐。
アルカディアの双璧と謳われた勇者がこんな・・・」ってスコルピウスじゃなくてもいいたくなるよ!
まったくご理解できないZe!でもよくみると、カサドラに使えていた頃からその服だった
ていうか驚愕だったのはスコルピウス。

どうみてもイケメンでレオンティウスより若い!!(笑
こっちを応援したくなるような・・・(笑
若本声なのになにこのうら若きイケメン!!

あと、奴隷もみんながみんな若い男のイケメンなのも謎ですよ・・・(?)
売り物だから!?

んで双子は離れ離れ。
宇都宮・レオンティーウス登場。
いいヒトっぽいよ、レオン。
なんかたのきんのよっちゃんみたい・・・ってそういう世代じゃないですけど、わたし

ヘタイラとして黄色の女神兼しもつきん登場。
初めてみたんだけど、まるっこいひとなんだね。
声の印象とちがって、なんていうんだ?もっちりしてました。

変態神官の所業はすべて物陰で実施されていたのでよくみえませんでしたよ。
でも逃げ出してきたエレフのマントが脱がされていたのが思わず笑っちゃいました。
オリオン登場。
なんかみすぼらしい(笑 灰色の襤褸を着て、金髪のボサ頭。
8歳くらいのほんとに少年なんで、やせてるやせてる。
石なんて運べないよ!

ミーシャに襲い掛かる神官は殴殺されたのかと思ってたんですけど、
ナイフで刺されてました。演技上の都合なのかなあ?
走って逃げながらちゃんと「凍らせて射ち」もやってましたょ。
演出的には皆死ね矢でした。

次が聖者の島なんですけど、ミーシャが盲目になってました。
目が見えないので触られるとビクっとかする子役の演技こまかい。
「閉ざした瞳」は目が見えないってことだったんですね。
でも目が見えないのに星をみる巫女がつとまるんでしょうか?
そこは「不思議な力」でカバー?

ミロス・じまんぐと旅をしているエレフはいいんですけど、
別れたあと、背景の幕に映し出される青空に
じまんぐじいさんの顔が浮かんでしゃべる演出はいかがなものかと(笑
死んじゃったみたいじゃん(笑
または集合写真の撮影日に休んじゃった子。

んで、イマイチ存在意義のわからないアレクサンドラ女王とか出てきつつ、
子役が陛下+栗林みな実に主役バトンタッチ。
なんか陛下、いつもよりイケメンなんですよ。
眉毛がすてきなんですよ。シュッとしてて(笑
ロンゲウィッグ似合うんじゃないですか?
無理がたたってちょっと痩せちゃったんでしょうか?
栗林さんもふっくら系なんですな。
スリットから肉感的な足が。

生贄には最初はフィリスが捕らえられるのですが
ミーシャが肩代わりしたようです。
殺されて、水の中へ(ヒュドラは水神だからかと思われる)。
水に浮かぶ手のひらには月が映りこみ、
残されたミーシャのケープをみて慟哭するエレフ。
ミーシャは冥王さまの腕の中へ。

「奴隷達の英雄」では金髪の奴隷が「おまちください!」って言ってたんだけど、
あれは・・・オリオンにみえるけど、やっぱりオルフェウスなのかな?
次のシーンでは二人つれているので、片方はオルフェウスなんだと思うんだけど。
もう片方の黒髪がシリウスですね。

レオンと母親、アマゾンの女王が死んだ後
「そして或る男の手により冥府の門が開かれた」って字幕がでるんですけど
最初のMoiraの玉座の前にいるのはエレフなので
エレフが開いたということでしょうね。

最後は神の光で〆。

出演者が下がったあと、観客から「神の光」のコーラスがリピートで。

するすると幕があがってエレフ登場。
「黒エレフと白エレフ、どっちが好きだ?」
意味が分からず反応が薄い。
「黒ー」という声を聞いて「じゃあかえる」(笑

メンバー紹介は「この前はいきなりIkeを紹介しちゃって失敗しちゃった!」
子役かわいかったですよ。とくにミーs(ry

ダンサーズの紹介は圧倒的。
最初陛下が「ダンサーズです!!」といいながら階段を示すもみんな意味が分からず無反応。
ダンサーズ=段差ーズらしい・・・。オヤジギャグ。
2回目は一応反応返ってきてましたよ。懲りないところがスバラシイ(笑
目が点になったのはスコルピオス。
超ノリノリで男女ダンス。 どこのニコ厨か!(笑 (初日はウマウマだったらしい)
左右の女神様たちはネタがわからなかったのか戸惑いながらあわせてたよ!

アンコールも服装変わらず。
6枚目のアルバムにちなんで、3日目ということで「Lostデー」。
「何が聞きたいか?」と問われ、開場からは「白の幻影(White Illusion) 」の声。
「んっ!?よく聞こえない!!もう一度!」フタタビ「白の幻影(White Illusion) 」。
「それは用意していない!ということで『魔法使いサラバント』 」
それを希望するヒトはあんまりいないんじゃない?(笑
恋射ちでいいじゃない。「永遠の少年」って言ってるひともいたな。
いっそ「ゆりかご」なんてどうよ。

歌うのは栗林、岩崎、しもつきんでした(あとじまんぐ)。
歌詞の最後が「旅の道連れは1頭の駱駝 金の長い髪の女神が一人」に変わってました(笑

んで「「<ハジマリ>のクロニクル」!」

幕が下りた後に国歌の歌詞が字幕ででて、斉唱で〆。

ほんとにミュージカルかオペラかってかんじで、
トークすくないとサビシイですね。
スポンサーサイト

Sound Horizon | コメント:0 | トラックバック:0
<<今日Moira: それコラ考察/Sound Horizon | 立体鳥類模型店 | 今日のアバター:ペルソナ4のキャラつくってみた。 >>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 立体鳥類模型店 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。