トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
今日の音楽:Moiraの登場人物について②
2008-09-09 Tue 16:29
考察っていうか物語の推測。
『』でくくっているのは作中の引用。

その①はこちら

===== 運命の双子・アルテミシア(ミーシャ) (CV栗林みな実) =====
運命の双子の片割れ。
雷神の眷属アルカディア国王・勇者ディメトリウスの妻イサドラの子。
第一皇子レオンティウスの妹。エレフセイアの双子の妹。
『太陽 闇 蝕まれし日』(日蝕)に生まれ堕落ちた『破滅を紡ぐ』忌み子。

忌み子ゆえに殺される運命にあるところを、ポリデュークス・大塚の子として
山奥でひっそりと育てられる。
後にアルカディアの王座に野心を抱くスコルピオス・若本が
ポリデュークスの助力を求めに赴いた際に捕らえられ、
逃げ出すも(おそらく途中で奴隷商人につかまり)奴隷市場へ連れ去られる。

少女ミーシャとカサンドラとメリッサ。
img_1031442_34184683_0.jpg

『風神眷属の王国(アナトリア)』『風の都(イーリオン)』に
『風神殿(アネモン)の神官』変態じまんぐの元へ『高級遊女(ヘタイラ) 』カサンドラ、メリッサと共に
見習いとして随伴する。

あわやじまんぐの毒牙にかかる瞬間、偶然にもエレウと再会。
神官を打ち倒し3人で脱走するも(船が嵐に巻き込まれ?)再び離散する。

少女ミーシャとソフィア。後ろにいるのはフィリス。
img_1031442_34184683_1.jpg

『詩人の島(レスボス)』へ流れ着いたところをフィリスに拾われ
『詩を詠む聖女(ソフィア)』に保護される。

『聖女は少女の不思議な力を見抜き』、『アストラの神域』の『星女神殿』の巫女として育てるられるが、
ラコニアの水神ヒュドラへの生贄としてスコルピオス率いるラコニア軍に殺されてしまう。

===== スコルピオス(CV.若本規男) =====
若本スコさん。
img_1031442_34184683_2.jpg

アルカディア王の妾の子。レオンティウスの兄。
レオンティウスが生まれたことによって次期王位を失ったことを恨み、
『ラコニア軍を掌握し』暗殺を企てる。
『アルカディアの双璧と謳われた勇者』ポリデュークスとカストールの兄弟を引き込もうとするが断られ、
ポリデュークス夫妻を殺し、子供たちを攫う。

父アルカディア国王ディメトリウスを『傀儡と化した王』にして覇権を握り、
ミーシャの仇としてオリオンに暗殺させることに成功、オリオンをも亡き者にするが
自らもレオンティウスに討たれる。

===== オリオン(CV.井上麻里奈) =====
若本に狙われているオリオン。オリオンの矢は傀儡王に向けられている。
img_1031442_34184683_3.jpg

『太陽 闇 蝕まれし日』(日蝕)に生まれ堕落ちた『破滅を紡ぐ』忌み子として
捨てられた皇子という噂がある。

エレウと同じく奴隷として買われ、『風神殿(アネモン)の神官』変態じまんぐに虐待される日々を送る。
ミーシャを偶然助けた際に居合わせ、3人で脱走するも散り散りになる。

その後、『風神眷属の王国』『アナトリアの武術大会の覇者』となる。

巫女であったミーシャを殺され、怒れる『星女神』から『寵愛する勇者』として、
『星屑の矢』を授かり、その弓矢を用いて『傀儡と化した王 かつての勇者』、
アルカディア国王ディメトリウスを討つ。

その後、スコルピオスに討たれる。
スポンサーサイト

Sound Horizon | コメント:0 | トラックバック:0
<<今日の音楽:Moiraの登場人物について③ | 立体鳥類模型店 | 今日の音楽:Moiraの登場人物について① >>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 立体鳥類模型店 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。