トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
今日のアニメ:Vガンダム、攻殻機動隊SAC 2nd GIG
2008-11-26 Wed 10:58
見終わりました。

Vガンは、カテジナさんが普段(クロノクルの前で)はきれいごと、
マリア信仰だの地球クリーン作戦だのに賛同しているようなことを言っているのに
シャクティとウッソの前ではついつい本音がほとばしっちゃうところとか
いつも笑えました。
嫉妬ビィィィーーーーーームッ!!!

クロノクルは悪い人じゃない頑張り屋さんなんだけど、
どうにもこうにも尻の穴のちいささとか、潔癖症なとこが
カテジナと共にダメな方へダメな方へ流れていっちゃいましたね。

ピピニーデンの人質作戦の時に最初は「大人にならねば」という感じで
受け入れてたのに、失敗した途端に手のひら返したように罵るとことか
どんだけ都合のいい脳みそなんだょ!と思いました(笑

なんか、準レギュラーメンバーとか中ボスなのにたいして死に様が描かれない人もいるのに、
1、2話しか出てこないポッと出の敵のカップルが長々と昇天シーンが描かれてたりして、
なんぞこのシーンは、とか思ったりしましたけど。
カップルが成立してるラバーズだけ特別扱いなんですね。

さっぱり会話が成立してないシーン(例:ファラとウッソ)とかいっぱいあるんですけど
そんなところが妙にリアルです。

つか、シャクティはほんとZのカツ並に反省するってコトをしない
ひたすら暴走を繰り返して周りを振り回してましたね。
そのくせそれらの行動が結局一回も役に立たないという・・・。
生まれ持った能力だけで周りからチヤホヤされるところを目の当たりにしたカテジナさんが
イライラするわけですよ(笑
彼女は一応努力の人だと思うし。周囲(社会)に対する文句しかいいませんけど。

ウッソは最初から最後まで「カサレリアで平和に暮らす」という野望(?)が揺らがないので
1話と最終話だけつなげても違和感ないですね。
「戦争の中で大人になりたくない」というだけあって、成長してないというか、最初から成長してるっていうか。
最初から最後まで「戦いはやっぱ不毛」という信念が強まっただけです。

カテジナが超負け組みで最後終わるとことかも、反戦的。

攻殻2ndは、タチコマな日々がつまんなくなったのが残念(笑
話を振り返ってみても、タチコマばかり思い出すタチコマアニメでしたょ。

最後、クゼがりんご食べてたんで、あれはあっち側へ「先に行くぞ」と
行ってしまったということでよろしいか。
クゼにしてみれば二人でアダムとイヴになれたらよかったんですけどね。
りんごを食べたのは聖書ではイヴの方でしたけども。
バトーが十字架型の鉄骨で二人のいる場所をこじ開けるのが象徴的でした。

スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0
<<今やっているゲーム:ラストレムナント | 立体鳥類模型店 | 今日の雑談:CanCamの中吊り>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 立体鳥類模型店 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。