トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
今日の読書:『風の万里 黎明の空』(十二国記シリーズ) 小野不由美 著
2008-06-12 Thu 09:33
風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート風の万里 黎明の空〈上〉十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート
(1994/07)
小野 不由美山田 章博

商品詳細を見る
風の万里 黎明の空(下) 十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート風の万里 黎明の空(下) 十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート
(1994/09)
小野 不由美

商品詳細を見る

十二国記シリーズ4作目(魔性の子をいれると5作目)です。

1作目主人公の陽子再び。
その後のお話となっております。
小野女史的には陽子がシリーズ主人公らしく、本編みたいですね。

今回のは今まで読んだ中で一番良くも悪くも戯曲的で「分かり易く説教っぽかった」です。
英語の教科書にものってるO・ヘンリーの賢者の贈り物とかそういう類の。

平行して旅をする3人の少女たちは、みなそれぞれ異なる「無知」というものを抱えていて
旅の途中でそれを解消していきます。
すずや祥瓊は子供じみた性格がこれでもか強調されていて、読者を苛立たせますね(笑
結構不思議なのは、この世界の仙人は年をとらないのですが
内面もそのままであるかのように成長が止まったままの人が何人も出てきます。
すずなどは100年も生きていて、いくら閉塞した場所にいるとはいえ
本当にこんななの?と疑問に思うほど進歩してません(笑

無知は罪、鞭と飴、ムチムチは俺好み~! byアニ
スポンサーサイト

| コメント:0 | トラックバック:0
<<今日のリンク:ペルソナ4の | 立体鳥類模型店 | 今日の読書:『東の海神 西の滄海』(十二国記シリーズ) 小野不由美 著>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| 立体鳥類模型店 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。