トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
今読んでいる本:キノの旅III The beautiful world 時雨沢恵一著
2006-11-14 Tue 11:12
キノの旅―The beautiful world (電撃文庫 (0461))キノの旅―The beautiful world (電撃文庫 (0461))
(2000/07)
時雨沢 恵一黒星 紅白

商品詳細を見る

キノの旅〈12〉キノの旅〈12〉
(2008/10/10)
時雨沢 恵一

商品詳細を見る

真っ白だった。上も、下も、右も、左も、ただ白かった。

旅人・キノと、相棒の言葉を話すモトラド(二輪車)エルメスが世界を旅し、
さまざまな街を淡々と見つめる短編連作の形で続いていくライトノベル。
キノは大分前に名前だけはしっていたのだけど、読んだことがなかった本。
先日家人がアニメ版のDVD BOXを購入して、わたしもFFしながらみていたら
噂どおりの独特の面白さ。

元々こういう絵柄がすきなので、せっかくだから本を買ってみることに。

んー、アニメのほうがいいかな??
デビュー作ということもあってか、ビミョウに文章が青くて
説教くささがアニメより強く感じられる。
アニメから先に入っているせいかもしれないけれどね。

主人公のキノは、話の途中で「初代キノ」からキノの名前を受け継ぎ、
それと共に初代キノによって組み立てられ、主人公に与えられたモトラドも、
初代キノのモトラドと同じ名前「エルメス」を受け継いだ。という描写が出てくる。
この小説は作者いわく、どこから読んでもOKです。というように
完全な1話完結型の物語になっており、時系列もバラバラ。
描写や持ち物から、それぞれの物語の時系列を推測するなんていうサイトもあるくらいなのだけど、
わたしがちょっと思ったのは、わざわざ二人の「キノ」と「エルメス」がでてくるのは
読者は主人公を「二代目キノ」だと思って読んでいるけども、
もしかすると時々「初代キノ」なのかもしれない。

<12/15追記>
DVDの廉価版が出たみたいですね。
パッケージも変更になってます。最近の絵ぽいから書き下ろしかな?
キノの旅-the Beautiful world-I(廉価版) [DVD]キノの旅-the Beautiful world-I(廉価版) [DVD]
(2005/01/19)
時雨沢恵一中村隆太郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| コメント:0 | トラックバック:0
<<今読んでいる本:真相 “切り裂きジャック”は誰なのか?(下) パトリシア・コーンウェル著 | 立体鳥類模型店 |
この記事のコメント
コメントの投稿
| 立体鳥類模型店 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。